NEWS

「ドレイクには無限の予算が与えられる」とユニバーサル・ミュージック・グループのCEOが語る。

 

 

これまで、数々の記録を塗り換えてきたカナダ出身のラッパー、ドレイク。彼の歴史的な成功は、どうやら彼に制限のない予算をもたらしたようだ。

 

 

関連記事:FutureがDrakeとの新曲「Life Is Good」のMVを公開。ファストフードの店員として働く2人をチェック

 

 

2012年にリリースされたRick Rossのトラック「Stay Schemin」にて、

 

「ルシアンに伝えてくれ、俺の予算は天井知らずだ」

 

と語ったドレイク。歌詞で名前が出ているユニバーサル・ミュージック・グループのルシアン・グレインジCEOに、米メディアHipHopDXが取材した所、以下のような返答が返ってきたようだ。

 

 

「もし、ドレイクがプロジェクトのために必要なものがあるって電話してきたら、なんでも彼のために用意する。彼は最高のアーティストだからね。」

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

If #Drake asks for more money, you give it to him 😂🤑 Hit the link in bio to read more!

Hip Hop & More(@hiphopdx)がシェアした投稿 –

 

 

現在、ラッパーFutureとの共同プロジェクト「What A Time To Be Alive」の続編に取り組んでいるドレイク。先日はFutureと二人で、ニューシングル「Desires」サウンドクラウドでリリースし、早くもそちらはゴールド認定されている。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE