NEWS

Run-DMCが故コービー・ブライアントと「My Adidas」のリメイクを制作したと明かす

 

 

先月、ヘリコプターの墜落事故で亡くなったことが報じられた故Kobe Bryant。そんな彼が、Run-DMCと共に曲を作っていたとRev Runが明かした。

 

関連記事: Alicia KeysとBoyz II Menが故コービー・ブライアントの追悼パフォーマンスについて語る。「出番直前に楽曲を変更した」

 

Yahoo Entertainmentにて、Rev Runは以下のように語っている。

 

「昔、誰かがRun-DMCとKobe Bryantを繋げてくれた。曲を一緒に作る予定だった。」

 

Kobe BryantはNikeとエンドースメント契約をしていたことで知られているが、Nikeと契約する前、彼はAdidasと仕事をしていたようだ。Run-DMCも「My Adidas」というヒット曲をリリースしていたため、それがきっかけで、彼らは同楽曲のリメイクを制作することになった。

 

「コービーはラップをするのが好きだった。いい夜を過ごして、写真を撮ったりした。彼は俺たちと会うのを楽しみにしていたし、俺たちも同じ気持ちだった。そして、完成することのなかった楽曲の制作を始めた。」

 

楽曲が完成しなかったのは残念であるが、そのデータがどこにあるかもわからないとRev Runは語る。

 

ラップ・ソングをRun-DMCと制作する予定だったKobe Bryantだが、そもそも彼はCHEIZAWというラップグループを結成しており、90年代後半にSony Entertainmentと契約を結んでいた。彼はTyra Banksとのコラボ曲「K.O.B.E.」もリリースしており、YouTubeに音源が投稿されている。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING