NEWS

ビッグ・ショーンがケンドリック・ラマーとのビーフについて初めてコメント。「ネットやメディアが勝手に広めた」

 

 

数年前からKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)とのビーフが噂されているBig Sean(ビッグ・ショーン)。そんな彼が、Joe Buddenの番組に出演した際に、噂について初めてコメントをした。

 

関連記事: Nasが新アルバムをリリースする予定であるとBig Seanが明かす

 

Big Seanは、楽曲「No More Interviews」の中で「速いラップをするやつをすごいとは思わない」とラップしており、こちらのリリックがケンドリックに対するものであるという噂が立てられていた。しかし、彼はこれを否定している。

 

「ケンドリックとビッグ・ショーンのビーフが起きていると言われたとき、公の場で否定することが出来ればと思ったよ。何もなかったからな。何もって言ってるけど、本当に何もなかったんだ。どうやって始まったかは覚えてないけど、たしか何かのフリースタイルで何か言ったとか言ってないとか。それで色々嫌になってNo More Interviewsを出したんだ。ネットで、あれはケンドリックについて言ってるのか?とか言われてるの見た。でも俺は誰ともビーフしてなかったんだ。速いラップするやつらについて書いただけで、誰か特定の人に対してのリリックではなかった。特定の誰かだったら名前を出してる」

 

それから同じ年の内ににケンドリックがリリースしたフリースタイルについても、ビッグ・ショーンは話している。

 

みんなが「これはビッグ・ショーンに向けたリリックか?」って言ってるのがどれのことかわからなかったから、周りに聞いてみた。それからすぐにケンドリックのレーベルのTop Dawg Entertainmentに連絡したんだ。CEOのAnthony Tiffithは「噂されているリリックは、お前とは関係ない」と言った。でも噂は広まるばかりで、俺はミスを犯した。自分が言及しなければ、噂は消え去ると思ってた。でもあなたとか、メディアがその噂を話題のために広めるから、みんなも注目し続けた。

 

ここまでビッグ・ショーンが話したところでJoe Buddenは「すまない」と謝罪をし、ビッグ・ショーンも「いや大丈夫だよ」と答えた。報道する側であるJoe Buddenがビーフに注目していたことで、噂が大きくなったとビッグ・ショーンは考えていたようだ。

 

「いいんだよ。それで気づいたことがあって、インターネットは世界で最も巨大なものの内の一つだ。みんなインターネットの情報を頼りにするし、お前にも対しても歯がゆい気持ちだった。なんで誰も俺に連絡しないんだって思った。」

 

これらの会話は、以下の動画の90分前後からチェックすることが出来る。

 


Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST