NEWS

Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)の新アルバム「Eternal Atake」から豆知識を5つ紹介

 

 

Lil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)が待望の新アルバム「Eternal Atake」を本日リリースした。2018年の告知から2年越しのリリースとなったこちらのアルバムについて、楽曲やリリックなどの豆知識を5つ紹介したい。

 

関連記事: Lil Uzi Vertが新アルバム「Eternal Atake」の予告動画を公開。

 

・10曲目「Chrome Hearts Tags」はChief Keef(チーフ・キーフ)がプロデュースしている。
楽曲のフィーチャー・アーティストはThe InternetのSydのみだが、今回のアルバムにはWheezyやTM88など多くのプロデューサーが参加している。その中の一人として、Chief Keefの名前が挙がっており、ラップだけではなくプロダクションの才能を開花させている。彼は以前にもDooWopとLil Uzi Vertのコラボ曲「Cap Flow」のプロデュースを手がけており、このような形でのコラボは今回が初めてではない。

 

 

・12曲目「Prices」はTravis Scott(トラヴィス・スコット)の楽曲「Way Back」をサンプリングしている。
12曲目「Prices」の冒頭では、トラヴィス・スコットの2ndアルバム「Birds in the Trap Sing McKnight」に収録されている楽曲「Way Back」の後半部分がスピードアップされたものが使用されている。また、楽曲はHarold Harperがプロデュースしている。

 

 

・「Prices」は童謡をリリックとして使用している
同じく12曲目「Prices」は、英語の童謡として知られる「ヒッコリー・ディッコリー・ドック」のリリックを使用しており、「Hickory, dickory, dock (Uh) / Silence the lamb and your *ss’ll get chopped (Chopped)」と、映画「羊たちの沈黙」のレファレンスもある。

 

・16曲目「P2」は人気曲「XO Tour Llif3」の続編
多くの国でプラチナ認定され、Billboard Hot 100の7位にもチャートインしたLil Uzi Vertの人気曲「XO Tour Llif3」。「P2」はオリジナル版と同じメロディを使用し、「I don’t really care ‘cause I’m done / On the real, our love is not fine (Yeah)(俺は終わりだし、もうどうでもいいよ。マジで、俺たちの愛は大丈夫なんかじゃない)」とラップしている。

 

 

・5曲目「You Better Move」は昔のWindowsのピンボールゲームをサンプリングしている。
Windows XP NT4.0に付属されていたゲーム「Windows 3D ピンボール Space Cadet」。Lil Uzi Vertは、こちらのゲームの効果音を「You Better Move」にてサンプリングしている。アルバムの宇宙的なイメージと合わせて、こちらのゲームを使用していると考えられる。

 

 

 

待望の新アルバム「Eternal Atake」をリリースし、常に話題の中にいるLil Uzi Vert。これらの豆知識もふまえて、要チェックのアルバムとなっている。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE