NEWS

ケラーニがアーティストのメンタルヘルスと愛を示していく必要性について語る。「あのアーティストも亡くならなかったかもしれない」

 

 

作品にオリジナリティを込めたとしても、他のアーティストとして比べられてしまうのがアーティストという存在である。音楽そのものではなく、性別が一緒というだけで比較される場合があると語ったのが、新アルバム「It Was Good Until It Wasn’t」をリリースしたばかりのKehlani(ケラーニ)だ。彼女はこの度、Teen Vogueのカバーに登場し、インタビューに答えた。

 

関連記事: Kehlani(ケラーニ)が新アルバムのデザインに込められた想いを語る。彼女が持っているホースが意味するものとは?

 

「ファンたちはアーティストにプレッシャーをかける。業界からのプレッシャーより、ファンからのプレッシャーのほうが強い場合もある。去年と今年は今まで以上に、他のアーティストと比較された。SZA、Kehlani、H.E.R.、Summer Walkerのなかから、一人を捨てるとしたら誰?みたいな。」

 

女性アーティストたちが、性別とジャンルだけで比べられがちであることについて、複雑な感情だと語ったケラーニ。彼女は、同時代における「一人」だけを評価するのではなく、多くの人を同時に評価し、認める必要性を感じているようだ。亡くなった親友たちを例に、このように語った。

 

「私達は、複数の人を同時に理解し、受け入れ始めないといけない。もし亡くなったMac Miller、Lexii Alijai、Chynna Rogersが、皆からいかに愛されていたかを知っていたら、それをもっと伝えることができたら、未来は少しだけ変わっていたかもしれない。人生は、より良い方向に進んでいたかもしれない。」

 

ケラーニはMac Millerが亡くなった日に、本当は一緒にランチを食べに行く約束をしていたとも話している。Lexii Alijaiについては、ツアーに同行してもらうだけでなく、実際に彼女と契約する予定だったようだ。ケラーニはChynna Rogersについても語っている。

 

「Chynnaに私のライブに出てもらったりした。ブルックリンの私の家に泊まっていて、これから上手く行くよみたいな話をしたんだよね。」

 

このように、多くのアーティストをさらに認め、その才能に愛を示す必要があると語ったケラーニ。特にソーシャルメディア時代では、ネガティブな比較などが目立つため、このような心がけは重要になるだろう。

 

 

Thumbnail from Instagram

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE