NEWS

ジョージ・フロイド事件についてドクター・ドレーとキラー・マイクのコメントを紹介。

 

 

Dr. Dre(ドクター・ドレー)がLil Wayne(リル・ウェイン)の番組「Young Money Radio」に出演し、George Floyd(ジョージ・フロイド)事件について語った。

 

関連記事: Russが「Black Lives Matter」チャリティーとしてTシャツを販売し、約1700万円を寄付。「白人の沈黙=差別に賛同」というデザイン

 

「この事件は、胸が痛いよ。今も苦しい。そして、あの警官が、我々すべて黒人の首に膝を押しつけたように感じた。とても胸が痛む。なぜここまで苦しいかって、同じことがずっと繰り返されているからだ。我々にこれ以上何ができるんだ、これを終わらせるには何をしないといけないんだ?これを終わらせるには何を起こせばいいんだ?もう終わりにしないといけない。あの警官たちは第一級殺人で有罪になるべきだろう。そして最もおかしな話は、彼らの態度が傲慢であるということだ。真っ昼間に、カメラの前で。男性の首をあんなにも長い間、膝で押さえつけて、何も気にもしていないように。ポケットに手を入れたままで。彼は口笛すら吹いていたんじゃないかとすら思ってしまうほどの態度だった。」

 

ドレーは続けて以下のように語っている。

 

「困惑するよ。でも、これから何かが起きるんじゃないかとも思う。せめて、どうすればこれを終わらせられるのかを話し合えるところまで進めるんじゃないだろうか。今回がそのきっかけになるかもしれない。白人が抗議しているのも見るようになった。それはいいことだよ。」

 

伝説のヒップホップグループ「N.W.A.」のメンバーとして活動していた当時も、ドレーは警察による不当な暴力に対して抗議した「Fuck The Police」をリリースしており、こちらの楽曲が収録されているアルバム「Straight Outta Compton」は国家保存重要録音物登録簿にも登録されている。

 

またドレーの発言以外にも、Killer Mike(キラー・マイク)がアトランタ市長Keisha Lance Bottomsの記者会見にて語ったスピーチを紹介したい。彼は、以下のように訴えかけている。

 

俺は今日、「敵のために自らの家を燃やすのは、あなたのするべきことではない」と単刀直入に言うために来た。あなたがすべきなのは、来るべき団結の時のために、自分の家を避難所として公開できるように防備することだ。俺は耐えられないほどの怒りを感じている。昨晩、世の中が燃えて無くなってしまえばいいと思ったよ。黒人が死ぬのを見るのに、もう疲れたんだ。彼はそれとない態度で、自分の膝を人間の首に押さえつけたんだ。亡くなるまで、9分間もだ。そして我々はその動画を殺人ポルノのように何度も観ている。若者たちがすべてを破壊しているのは、その怒りが原因だろう。他に何をしたらいいのかわからないのだ。この状況をどうにかすることが我々の責任だ。今すぐにだよ。一人の警官が逮捕されればいいのではない、4人の警官全員が起訴されて、判決を下される必要がある。スーパーマーケットを燃やしたいわけではない。我々が必要としているのは、システムが体系化した差別を燃やし尽くすことだ。

 

寄付/署名などの方法やリンクがまとめられたウェブサイトはこちら

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING