NEWS

エミネムがDiddy所有のメディアREVOLT TVとビーフ。「Fuck You Too」

 

 

2019年に、Conway the Machineの楽曲「Bang」にゲスト参加したEminem(エミネム)。先日、未公開であった同曲のオリジナルバージョンが流出し、元のリリックではDiddyが所有するヒップホップ・メディアREVOLT TVや、Joe Buddenについてラップしているパートがあったことが明らかになった。そんなリリックについて、この度REVOLT TVが反応をし、本格的にビーフが始まろうとしている。

 

関連記事: Royce da 5’9″が語る環境における偏見と人種差別。「エミネムに出会い考えが変わった」

 

本格的にメディアとビーフが始まったエミネムであるが、そんな彼は「Bang」のオリジナル版にて以下のようにラップしていた。

 

Yeah, shout to Puffy Combs, but fuck REVOLT/“Y’all are like a fucked up remote/Now I get it why our button’s broke, cause you pressing the heat but do nothing though, especially when it comes to punch this throne. Wasted tissue, tell this journalist stick to the stuff he know, like always running, from Migos

 

このように、彼は「Diddyにはシャウトアウトだけど、REVOLTはファックだ」と直球にラップし、Joe Buddenが以前MigosのインタビューをREVOLT TVで行った際に、インタビューを放棄してその場を去ったこともレファレンスしている。REVOLT TVとJoe Buddenがいかに「壊れている」かをラップした。

 

「Bang」のオリジナルバージョンが流出し、すぐにREVOLT TVはツイッターインスタグラムにて、エミネムに向けて「Fuck You Too @eminem」と直球なメッセージを公開している。

 

またJoe Buddenについてのディスであるが、エミネムは「Music to Be Murdered By」に収録されている楽曲である「Lock It Up」の中でも彼についてラップしていた。今回の「Bang」のオリジナルバージョンについて、Joe Buddenの反応はまだない。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING