NEWS

Juice WRLDの生前のインタビューを紹介。死後エミネムとコラボした彼が語ったエミネムへの思いや、若い世代へのメッセージなど

 

 

昨年末に、21歳の若さでこの世を去ったJuice WRLD(ジュース・ワールド)。彼は2ndアルバム「Death Race for Love」をリリースし、初のBillboardチャート1位を獲得した以外にも、フリースタイルのスキルなどで新旧ヒップホップファンからの人気を集めていた。亡くなってから、エミネムの新アルバム「Music to Be Murdered By」のシングル「Godzilla」にもフィーチャリングされ、エミネムも彼のスキルを賞賛していた。死後エミネムとコラボしたJuice WRLDであるが、MONTREALITYのインタビューにて、好きなエミネムの楽曲や若者へのメッセージを語ったインタビューを紹介したい。

 

関連記事: エミネムがJuice WRLDとのコラボ「Godzilla」のMVを公開。Juice WRLDのメッセージもフィーチャー

 

ラッパーになる前の職業について質問されたJuice WRLDは「車の工場で働いていて、映画の8 MileのB-Rabbitみたいな感じだった」という旨を語っており、そこから彼は好きなエミネムの楽曲をラップした。彼は特にエミネムの1stアルバム「The Slim Shady LP」が好きなようで、エミネムのリリックをラップしている。

 

「マッシュルームを君にあげるつもりはなかったんだ、俺の世界に連れ込むつもりはなかった」ってヤバいよな。

「俺はマッシュルームもアシッドも、錠剤も持ってる」って曲もハードだ。

 

 

「The Slim Shady LP」に収録されている2曲、「My Fault」と「I’m Shady」のヴァースを挙げたJuice WRLD。彼は続けて、楽曲「Role Model」の1stヴァースを全て披露し、いかにこちらの楽曲のエミネムがハードであるかを語った。

 

 

またJuice WRLDは、若い世代へのメッセージを以下のように語っている。

 

「今、どんなに辛い経験をしていても、強くあり続けるんだ。必要なら人に助けを求めるんだ。専門家のサポートでもいいし、あなたをサポートしてくれて、最優先に話を聞いてくれる人たちの近くにいよう。
一生続けてもいいな、と思えることを見つけよう。自分が好きな何かを探すんだ。不可能のように思えても、実現できるから。目標が大きくてもナーバスにならないことが大事。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST