NEWS

スヌープ・ドッグが「エミネムは自分のトップ10には入らない」と語る。その理由とは?

 

 

自身のトップラッパーを挙げろと言われたら、誰を思い浮かべるだろうか?スキルや知名度などの要素を含め、エミネムをトップ10に挙げる人も多いだろう。そんななか、Snoop Doggが自身のトップ10についての考えを語った。

 

関連記事: スヌープ・ドッグがDr. Dre「Still D.R.E.」の制作当時を振り返る。Jay-Zがリリックを書いた経緯を明かす。

 

「The Breakfast Club」に出演したスヌープはDr. Dre(ドクター・ドレー)やEminem(エミネム)の話題になった際に、以下のように話した。

 

「エミネムは素晴らしき白人の希望だ。エミネムが出てくるまで、白人のラッパーはラップ界でリスペクトされることがなかった。そこははっきりさせておこう。彼はDr. Dreによって、トップ10ラッパーの一人となれるポジションになれた。だが俺はそう思わない。業界的にはトップ10リリシストだとか言われているが、それはDr. Dreがいたからであり、エミネムが自身の良さを引き出すためにDr. Dreが手助けをしたからだ。」

 

エミネムが評価されている理由にはDr. Dreが深く関わっていると語ったスヌープ。また、彼はエミネムが彼のトップ10ではない理由として80年代の大ベテランMCであるRakim、Big Daddy Kane、LL Cool Jのほうが上にいるからと個人の見解を話している。スヌープは、「エミネムはチームメイトだし兄弟で、彼はやることをやった」と言いつつも、自分のトップ10には入らないと明かしている。逆にエミネムも以前、自身が思うベストラッパーのリストを明かしており、彼もスヌープと同じくRakim、Big Daddy Kane、LL Cool Jなどの名前を挙げており、そのリストにはスヌープは入っていなかった。

 

インタビューのフル動画はこちらのリンクからチェック。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE