NEWS

マック・ミラーとファレルのコラボ曲「Dreams」が流出する。ファレルが語ったマック・ミラーの音楽への想い。

 

 

Mac Miller(マック・ミラー)とPharrell(ファレル)のコラボ曲「Dreams」が流出した。

 

関連記事: マック・ミラーの2010年のミックステープ「K.I.D.S.」のデラックス版がデジタルリリースされる。未公開曲「Ayye」と「Back In the Day」も収録

 

「Dreams」はマック・ミラーとファレルのコラボEP「Pink Slime」に収録される予定だったのではないかと考えられている。同EPは2013年に存在を明かされていたものの、リリースされることはなかった。

 

ファレルは「Pink Slime」にてマック・ミラーと共に楽曲制作をしたことについて、Vultureのインタビューにて以下のように語っていた。

 

「ただ音楽を愛していて、より深く、挑戦していく彼の姿を覚えている。ラップ業界での彼はすごくインディペンデントだったけど、彼はア・トライブ・コールド・クエストやジャジーなものが好きだったんだ。彼はジャズに影響を受けたものか、そのようなカラーを持っているコードを使っていたりする曲が好きで、俺たちはそういう曲を作っていた。彼はもっと深く知りたかったんだ。さらに彼は、自身がインディーラップ以上に、秘めた才能を持っていると世の中に知ってほしかった。彼は自身のポテンシャルが持つレイヤーや深さを、みんなにも知ってほしかったんだ。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST