NEWS

Outkast(アウトキャスト)が「Stankonia」の20周年記念バージョンをリリースすると発表。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのザックによるリミックスなどを複数収録。

 

 

南のヒップホップをメインストリームに広めたパイオニアとして今でも多くのファンに愛されるOutkast(アウトキャスト)。Andre 3000(アンドレ3000)Big Boi(ビッグ・ボーイ)からなるヒップホップデュオであるが、そんな彼らの名アルバム「Stankonia」がリリース20周年を記念して、再リリースされる。

 

【関連記事】【入門】サウスのパイオニアOutKast(アウトキャスト)のオススメ曲15選

 

3rdアルバム「Aquemini」でヒップホップ界のスーパースターというステータスを確立した彼らであるが、「Stankonia」は初のビルボード1位を獲得したシングル「Ms. Jackson」が収録されているメインストリームに爆発的に広まったアルバムである。そんな再リリースは、ハイファイ音源としてリリースされるだけではなく、今まで未公開であったリミックスなどを含めた6曲が追加されるようだ。そのなかにはアルバムの1stシングル「B.O.B.」のRage Against the Machine(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)のザック・デ・ラ・ロッチャが参加したバージョンが収録されるようで、こちらのリミックスは公開された当時ラジオでヘビロテされていたが、今回が初の正式なリリースとなっている。

 

 

また、スヌープ・ドッグが参加した「So Fresh, So Clean」のリミックスや、インスト音源やアカペラも収録されるようで、ファンにとってはたまらないヴァージョンとなるだろう。20周年バージョンの「Stankonia」は10月30日にリリースされる予定だ。

 

 

また、HIP HOP DNAではOutkastの入門編としてオススメ曲を紹介しているので、そちらも要チェックである。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE