NEWS

Lil Baby(リル・ベイビー)の「My Turn」が去年アメリカで最も売れたアルバムになる。テイラー・スウィフトやジュース・ワールドのアルバムを超える。

 

 

昨年の2月28日に2ndアルバム「My Turn」をリリースしたLil Baby(リル・ベイビー)。同アルバムのヒットをきっかけにさらに成長した彼はスター級の成功を掴んでおり、2020年の収益ランキングでは全米1位を獲得したという報道もあった。そんな「My Turn」の2020年の総合売上枚数が発表された。

 

関連記事: Lil Babyがドラッグ・ディーラーを辞めラップに専念したきっかけ。「今は大変だけど、最後には結果がついてくる」

 

MRC Dataの報道によると「My Turn」の売上枚数は2,632,000枚相当となっており、リル・ベイビーはアメリカ国内で2020年に最もアルバムが売れたアーティストとなった。

 

2位はTaylor Swiftの「Folklore」が2,204,000枚、3位はPop Smokeの「Shoot for the Stars Aim for the Moon」が2,198,000枚、4位はThe Weekndの「After Hours」が2,032,000枚、5位にはJuice WRLDの「Legends Never Die」が1,990,000枚と、ランキングは続いている。

 

またアメリカ国内で2020年に最もアルバムが売れたアーティストとなったリル・ベイビーであるが、「My Turn」の純粋な購入数は意外にも4万枚のみとなっており、ストリーミングの再生回数が圧倒的に多かったということがわかる。

 

他にも2位のTaylor Swiftは総合売上枚数トップ10位にランクインした唯一の女性アーティストであり、2020年の純粋なアルバム購入数がミリオンを超えた唯一のアーティストとなった。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST