NEWS

リル・ベイビーやスヌープ・ドッグが語るファイナンスとビジネス

 

 

2ndアルバム「My Turn」の大ヒットなどがきっかけとなり、一躍トップスターの仲間入りを果たしたLil Baby(リル・ベイビー)。同アルバムは、1900万ドル(約20億円)以上の収益をあげ、2020年の収益ランキングで全米1位を獲得したという報道もあった。そんなリル・ベイビーは、収入を得る度に必ずその金額を数えているようだ。

 

【関連記事】Lil Baby(リル・ベイビー)がライブ出演のブッキング料金を公開

 

アトランタの宝石店に立ち寄ったリル・ベイビーの動画が公開されており、彼はカバンに入った札束を渡している。札束を受け取ったジュエラーは「リル・ベイビーから間違った金額を渡されることは絶対にないんだ。」と話している。リル・ベイビーは「だってもう14回も数えてるからな。」と返事をしている。

 

 

またリル・ベイビーは、収入を得る度に必ずその金額を数えているようで、彼は以下のように続けている。

 

「俺が金を置いているところには、監視がいる。監視をしている人が盗れないように、もちろん鍵もかけてある。中にあることはわかっているけど、取り出せはしないんだ。だから金額を数えた後は、置くべき場所に置いている。」

 

ケンドリック・ラマーが「Wesley’s Theory」で語ったように、お金の使い方や、管理の方法を知らないまま成功をするラッパーが多い。そんななか、リル・ベイビーは自身のお金を大切に管理していると明かした。21 Savageも地域の若者の財務能力の向上のために活動しており、ヒップホップ業界内でもファイナンスの重要性を語る者が増えている。

 





 

以前、スヌープ・ドッグも「若手のラッパーに、なんでそんなことに大金使ってるんだ!って怒るのは簡単だけど、そうじゃなくて “そのお金、こういうところにも投資してみたら?もっと稼げるかもよ?”って提案するんだ」と、若手ラッパーのお金の使い方について物を申していた。また、彼はお金とビジネスについてもこのように語っている。

 

世の中の人達は「聞いたこと」は信じないけど、見たものは信じる傾向がある。インスタで自分が所有する多くの車とか金のチェーンを見せびらかすのではなくて、ビジネスをやったり、色々な商品をプロモーションしている様子を見せているのは、自分の責任を果たしているからなんだ。俺も若いときには、今の若いやつらと同じようなことをして、周りを影響していたからね。俺も若いときには金しか興味なかったし、逆に契約書とかビジネスに興味がなかったら、損もした。「Tha Doggfather」が200万枚ぐらい売れて、自分が得るべき金額が正しくないって気がついたのきっかけで、意識が変わったんだ。

 

(画像=Snoop DoggのYouTube)

(Source)
https://hiphopdx.com/news/id.67357/title.lil-baby-reveals-how-protective-he-is-of-money-like-counting-it-14x
https://hiphopdna.jp/news/5053
https://playatuner.com/2017/12/snoop-uncs-unc/

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST