NEWS

Juice WRLD(ジュース・ワールド)は薬物依存のリハビリに通うはずだったと所属レーベルが明かす。「申し込みを終えた後だった」

 

 

2019年に21歳の若さでこの世を去ったJuice WRLD(ジュース・ワールド)。彼は亡くなった後も、2020年で2番目に再生されたアーティストとなり、今でも多くの音楽ファンに愛されている。薬物のオーバードーズが原因で亡くなったと報道されているJuice WRLDであるが、彼が所属していたレーベルGrade A ProductionsのLil Bibbyは、Juice WRLDを薬物依存のリハビリに通わせる予定であったと明かした。

 

【関連記事】Juice WRLDのレーベル担当者が語る、彼と日本で過ごした思い出。日本を愛した、ファン思いの才能溢れる若者。

 

Vlad TVに出演したGrade A ProductionsのLil Bibbyは、このように語っている。

 

リハビリの申し込みを終えた後だった。リハビリに通ってほしいと頼んでいた俺に対して、Juice WRLDは合意したんだ。彼の人生にとって薬物は問題となっていた。俺は彼が一度に通常の4倍のパーコセットを摂取していたことを知って、色んな人に「こいつをリハビリに通わせないといけない」って伝えていた。さすがに摂取量が多すぎると思って、周りの人たちに伝えて、どうにかしないといけないと思ったんだ。

 

 

 

Lil Bibbyからリハビリに通ってくれと頼まれたJuice WRLDは「わかったからいくよ」という感じだったが、完全に断ち切る気はないとLil Bibbyに伝えたという。米国におけるオピオイド・エピデミックでは、2018年に47,000人が命を落としており、そのうちの32%が処方薬であったと連邦防疫センターは発表している。先日、マックルモアが「薬物依存のリハビリに通うことは恥ずかしいことではない」と語っていた

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST