NEWS

Dr. DreとJimmy IovineがBeatsの権利に対する対価の未払いで訴えられる。

 

 

Dr. Dre(ドクター・ドレー)とJimmy Iovine(ジミー・アイオヴィン)と言えば、Beatsの創業者として知られる二人。彼らの関係はインタースコープ・レコーズ時代から始まり、Beatsも創業10周年を迎え、「Decades」コレクションを発売開始したばかりだ。幸先のいい一年がスタートしたと思われていたが、この度Beats Electronicsはとある件で訴えられていると報道された。その金額はなんと1億ドルにも上回る。

 

Billboardの報道によると、元々Beatsのアイデアは、セレブがエンドースするヘッドフォン・ラインとして起業家のSteven Lamar(スティーブン・ラマー)が2006年にドレーに持ち寄ったことから始まっているとラマー本人が語っている。数年後に彼らは仲違いをし、Stevenは共同創業者を名乗ることを禁じられた。

共同創業者を名乗り、ビジネスを展開していたことから、ドレーとジミーから契約違反で訴えられ、権利を剥奪されたのだが、代わりにBeatsヘッドフォンの売上から4%をラマーが受け取ることができるという内容で解決したと、ラマー本人が主張している。その1億ドルにも及ぶロイヤリティの支払いがされていないということであった。

 

この訴訟は過去に判事によって取り下げられていたが、2016年から「契約内容が不明瞭である」という理由で再開した。現在は「全バージョン、あるいは初期モデルのロイヤリティを含めた1億ドル以上の支払いが未払い」という訴訟内容で、両者が証拠を出し合っていると報道されている。

 

ドレーとジミーは「契約の段階では、次のバージョンを制作する予定はなかった」と主張しているが、ラマー側は、将来的にもさまざまなバージョンを見据えたパワーポイント資料を彼らにプレゼンしたと主張しており、両者の主張が食い違っているようだ。

 

ちなみにドレーとジミーはAppleにBeats Electronicsを売却しているが、保有している株式の配当金として7億ドルを得る予定だ。今後の動向に目が離せない。

 

ドレーとジミーの関係性については、下記のドキュメンタリー・シリーズを見るとよく理解できるだろう。

Shares

RELATED POSTS