NEWS

米疾病予防管理センターの発表によりフューチャーの「マスク・オフ」のストリーミング再生数が急上昇。

 

 

Future(フューチャー)が2017年にリリースした楽曲、「Mask Off」のストリーミング再生数が急上昇している。

 

【関連記事】Futureが語った音楽キャリアを長続きさせる方法。彼にとって「クラシック」とは?

 

この度、アメリカではCenter for Disease Control(疾病予防管理センター)の「ワクチンの摂取が完全に終わった者は、室内外に関わらずマスクの着用は必要ない」という発表が話題になっている。まさに「マスク・オフ」ということで、ネットではフューチャーの「Mask Off」に関する投稿などが増えており、それに比例して再生数が上昇しているようだ。

 

ツイッターのユーザーたちは「Mask Offがチャート1位になるのが待ちきれないよ、彼の名前が”フューチャー(未来)”であることの説明がつくから」「Mask Offって検索したら疾病予防管理センターに関するジョークがたくさんあるって知ってた」とツイートをしており、マスクを着用する必要がなくなったことを喜んでいる。

 

またフューチャー自身は、医療関係者や患者に寄付するマスクを作る「#MaskOnCampaign」というプロジェクトを昨年の3月頃に発表していた。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE