NEWS

DMXの遺作「Exodus」にポップ・スモークのヴァースが収録されなかった理由。スウィズ・ビーツに聞いてみた。

 

 

5月28日にリリースされた、故DMXの遺作アルバム「Exodus」。同アルバムにはPop Smoke(ポップ・スモーク)が参加するとあらかじめ発表されていたが、実際にリリースされたトラックリストに彼の名前は挙がっていなかった。HIP HOP DNAでは、同作品のプロデューサーを務め、DMXの盟友でもあるSwizz Beatz(スウィズ・ビーツ)が主催したリスニング・パーティーに参加しており、そこでスウィズ・ビーツが語った内容を紹介したい。

 

【関連記事】DMX遺作「Exodus」のリスニングパーティー参加レポート&アルバム・レビュー。スウィズ・ビーツ本人にもショートインタビュー。

 

「ポップ・スモークのヴァースは他の曲で既に使われてしまっていたんだ。DMXは、古いヴァースは使いたくないはずだ。俺たちは頑張ったよ。二つのヴァースだったんだけど、どちらも既に使われていたんだ。だからMoneybagg Yoに急遽ヴァースを頼んだんだ。だからDMXが唯一聞いてないヴァースはMoneybagg Yoのヴァースだけだ。」

 

DMXのアルバムに使用するはずのポップ・スモークのヴァースが既に使われていたため、コラボを断念せざるを得なかったと説明した。どの曲にポップ・スモークのヴァースが使われたのだろうか?

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST