NEWS

リル・ベイビーが自身を「この世代のリル・ウェインだ」と語る。彼らの共通点は?

 

 

楽曲「The Bigger Picture」のグラミー賞ノミネートや、2ndアルバム「My Turn」が2020年に最もアメリカで売れたアルバムになるなど、大活躍中のLil Baby(リル・ベイビー)。彼はトラップ博物館によって「トラッパー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれており、次世代のラッパーの中でも特に期待されているラッパーの一人である。そんなリル・ベイビーが、自身を「この世代のLil Wayne(リル・ウェイン)である」と語った。

 

【関連記事】通称”ゴッドMC” ラキム、現代のヒップホップについて語る。「ケンドリック、J. コール、リル・ベイビーは〇〇だ」

 

EST Geeがリリースしたばかりの新曲、「5500 Degrees」にゲスト参加したリル・ベイビーは以下のようにラップしている。

 

「俺はクレイジーなくらい活躍しすぎてる。俺はこの新世代のリル・ウェインだ。」

 

自身を「新世代のリル・ウェイン」と語ったリル・ベイビー。彼はリル・ウェインから受けた影響について以前から語っており、Rolling Stoneの2020年のインタビューでは以下のように話していた。

 

「ウェインはやりたいことをやってきたな、といつも感じるんだ。そして彼がやりたいこと好きにやれた理由は、彼がその背景で、数字で示してきたからだと俺は思っている。俺がかましてるのも同じような理由だ。俺は自分がやりたいように存分やるよ、それを数字で示している限りは。」

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE