NEWS

ウィル・スミスがカニエ・ウェストやドレイクについて語る

 

元々はラッパーとしてデビューしつつも、今では知らない人はいないレベルのハリウッドスターとなったWill Smith(ウィル・スミス)。そんな彼は最近、音楽活動を再開したことで話題になった。

 

 

彼が今でもラップができるということは、息子ジェイデンのヒット曲「Icon」のリミックスや、自身のYouTubeチャンネルにアップされているラップ動画にて証明されている。近年あまりインタビューの場に登場していなかったウィル・スミスであるが、音楽活動を再開したこともあり、彼はこの度Rap Radarに出演した。キャリアから家族について語った彼であるが、そのなかでも気になったのが「現在のヒップホップ」の感想だ。彼はカニエ・ウェストやドレイクについてどのような考えを持っているのだろうか?

 

カニエ・ウェストに関しては、彼の7曲アルバムシリーズにインスパイアされ、自身の音楽も彼にならって「スペシャル」なものになると語っている。また、息子ジェイデンが白いバットマンのスーツで、カニエとキム・カーダシアンの結婚式に出席したことについても「カニエは感心していたが、キムは困惑していた」というエピソードを披露してくれた。

 

さらにドレイクについては、「非常に興味深いキャリアだ」と語っている。ラッパーであり、俳優としての経験があるという意味で共通点がある2人だが、そういう意味でもウィルはドレイクに親近感を感じているのかもしれない。ウィルはドレイクの長続きする成功に興味を示した。

「近年は成功を保ち続けるのが非常に難しいんだ。特にソーシャルメディアの消費速度は速く、長続きさせるのが難しい。そのなかでドレイクはあの成功を保つことができているので、彼のキャリアは興味深い」

 

ドレイクの新アルバム「スコーピオン」は、多くのストリーミング新記録を更新しており、彼の成功はウィル・スミスのような存在も気になっているようだ。

 

音楽活動を再開したウィル・スミスの貴重なインタビューはTidalから聞くことができる。

Shares

RELATED POSTS