NEWS

マック・ミラーとThundercatがNPRのTiny Roomで共演。印象的なライブ映像をチェック

 

 

NPRのTiny Roomは最小限のセッティングでライブを披露する映像が印象的な人気ライブ動画シリーズだ。

 

そんなTiny Roomに今回出演したのは、先日「Swimming」をリリースしたばかりのMac Miller(マック・ミラー)と、同アルバムに参加しているThundercat(サンダーキャット)を含む5人編成のバンド。

 

一曲目の「Small World」のみ、なぜかThundercatがベースではなくシェイカーを担当しており、曲の終わりに笑いを堪えられなくなったマック・ミラーが「いや…いい感じだったよ、キャットのシェイカー」とつぶやくと、スタジオが笑いに包まれた場面が印象的だ。また、三曲目の「2009」ではThundercatが退き、ストリングスを4人加えたダイナミックな構成になっている。

 

和やかな雰囲気のライブ映像は、以下からフル動画をチェックすることができる。

 

Shares

RELATED POSTS