NEWS

ヤング・サグ、地元米ジョージア州で指名手配

 

 

米アトランタ出身のヤング・サグが、地元米ジョージア州のディカーブ郡で大陪審により逮捕状が出されたとTMZが報じている。報道によると、いくつかの薬物所持関連容疑に起因する計8件の重罪に問われている。

 

サグは、2017年9月にも車のガラスに着色していたことから停車を命じられ、車内から大量の薬物と銃一丁が発見されたため逮捕された。彼は最終的にメス(覚醒剤)、ヒドロコドン、マリファナ、ザナックス(向精神薬)、コデイン、そして銃を販売する意図を持って所持していた罪に問われている。

 

彼はつい最近の2018年8月17日にも銃所持の重罪で逮捕された。27歳の誕生日パーティを兼ねたコンピレーション・アルバム『Slime Language』のリスニング・イベントをハリウッドのDave & Bustersで開催していたところ、突然警察が押し入り逮捕されたと報じられている。

 

ヤング・サグは9月9日に「2日後にアルバム(を出す)」とツイートし、そのタイトルが奇しくも彼の現状を物語っている“ON THE RUN” (逃走中)であることを発表している。

 

◎ヤング・サグによる投稿

 

Photo by Getty Images Entertainment

(提供元:Billboard JAPAN )

Shares

RELATED POSTS