NEWS

ヤング・サグが「SNSは憂鬱な気持ちになる」と語る。「疲れ切ってる」

 

 

新アルバム「Punk」を10月15日にリリースしたYoung Thug(ヤング・サグ)。今回は、彼がTikTokに投稿した動画の内容を紹介したい。

 

【関連記事】ヤング・サグが計画する街「スライム・シティ」 太陽光発電導入でイーロン・マスクに助けを求める

 

ヤング・サグがTikTokの動画で語った内容は以下のようになっている。

 

 

@thuggerthugger1♬ original sound – Young Thug

「たった今気づいたんだけど、例えばインスタグラムとかツイッターとかインターネットを見る時、鬱な気持ちになる。疲れ切ってるよ。マジで憂鬱だ。」

 

SNSなどを見ていると憂鬱な気持ちになると語ったヤング・サグ。もちろんインターネットを楽しんで使用している者も多いが、ロジックやマック・ミラーなどもソーシャルメディアの不健全な習慣について以前語っており、ロジックは「他のアーティストの投稿が自分に比べてどれだけLikeされているのかを気にしてしまう」説明していた

 

マック・ミラーは「実生活に加えてネットを見ていると、たくさんのことが積み重なりすぎた。既に考えないといけないことがあるし、それ以外のことを受け入れるスペースはどこにもなかった。だから完全に遮断した」とSNSなどを一時的に控えていた理由について語っていたが、彼らと同じようにSNSに疲れたことを語ったヤング・サグの投稿には多くのユーザーたちが共感のコメントを寄せている。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST