NEWS

ミーゴス、「ウォーク・イット・トーク・イットfeat.ドレイク」が盗作であるとして訴えられる

 

M.O.S.と名乗るラッパーが、2008年に発表した自身の楽曲「Walk It Like I Talk It」をミーゴスが「Walk It Talk It(ウォーク・イット・トーク・イット)feat.ドレイク」で無断使用したとして、著作権侵害で訴えたとTMZが伝えている。

 

 

2018年10月24日に公開された記事によると、ラッパーのM.O.S.(本名リアンダー・ピケット/Leander Pickett)は、2008年にDJ Folkのミックステープに収録された自身の楽曲の著作権を2018年に申請したそうだ。ミーゴスが「ウォーク・イット・トーク・イット」で儲けた金額を回収し、今後この楽曲で利益を得ることを阻止するため、ミーゴスとキャピトル・レコードを相手取って訴訟を起こす構えだという。

 

 

ミーゴスの「ウォーク・イット・トーク・イットfeat.ドレイク」はアルバム『カルチャーII』に収録されており、ファンの反応が良かったことから3枚目のシングルとして2018年3月にリリースされた。ミーゴスの楽曲のフックには確かに“Walk it like I talk it”というフレーズが登場するが、これはよくある言い回しであることから、M.O.S.の楽曲の盗作であるという主張が受け入れられるかは微妙だ。ちなみにこのフレーズは、“有言実行”という意味の慣用句“talk the talk and walk the walk”からきている。

 

 

ミーゴスは現在ドレイクと【オーブリー・アンド・ザ・スリー・ミーゴス・ツアー】で全米/カナダを回っており、10月26日は米カリフォルニア州オークランドでの公演を控えている。

 

Photo by FilmMagic

(提供元:Billboard JAPAN)

 

◎「ウォーク・イット・トーク・イットfeat.ドレイク」MV

Shares

RELATED POSTS