NEWS

ヤング・サグ、薬物検査に引っかかり再逮捕

 

 

米ラッパーのヤング・サグ、本名ジェフリー・ウィリアムズが再び逮捕されたとピッチフォークが伝えている。米ジョージア州ディカーブ郡保安官事務所のデータベースには、2018年11月8日に予定されていた罪状認否手続き前に行われた、裁判所の指示による薬物検査に引っかかったために留置場に入れられたとの記録が残っている。

 

サグは2017年9月の逮捕後に裁判所により保釈金が没収され、マリファナ/ヒドロコドン/メス(覚醒剤)を販売する意図を持って所持していた罪と、無許可で銃を所持していた罪など8件の重罪に問われている。記事が公開された時点で彼はまだ警察に拘束されている。

 

自身の地元である米ジョージア州でお尋ね者になっていたサグは、大陪審により逮捕状が出された2日後の2018年9月12日にディカーブ郡当局に出頭した。その後保釈金を支払い、2日後に釈放されていた。

 

彼はその1か月前の8月17日にも銃所持の重罪で逮捕されている。27歳の誕生日パーティ兼コンピレーション・アルバム『Slime Language』リスニング・イベントを米ハリウッドのDave & Bustersで開催していたところ、突然警察が押し入り逮捕された。

 

ヤング・サグはエルトン・ジョンやジェイデン・スミスらをフィーチャーしたニューEP『On The Rvn』(Rvn=Run、“逃走中”)を2018年9月24日にリリースしたばかりだ。

 

Photo by Getty Images Entertainment

(提供元:Billboard JAPAN )

Shares

RELATED POSTS