NEWS

バードマンが地元ニューオリンズに「バード」を提供。サンクスギビングに七面鳥を配る。

 

 

Cash Money Records創立22周年を祝して、共同創立者であるBryan Birdman Williams(バードマン)とRonald Slim Williamsの2人が、地元ニューオリンズに七面鳥を提供すると発表した。

 

The Souce紙は、11月20日に彼らがニューオリンズの教会「New Home Full Gospel Ministries」にてイベントを行うと報じている。当日提供されるのは七面鳥だけでなく、地域の子供を楽しませる目的としてアトラクションも導入されるらしく、彼らはゲーム・トレーラー会社であるNOLA Games On Wheelsの協力を得ているようだ。

 

またバードマンは、地域還元に対する想いを以下のように語っている。

 

「サクセスも金も、なんだって取り上げることができる。でも、そんなことはどうだっていいんだ。大事なのは隣人、友達、そして家族だ。ニューオリンズが我々を最優先に考えてくれたことを決して忘れはしない。七面鳥の提供は、愛している人に感謝の気持ちを伝えるための方法なんだ。みんなとCash Moneyが、そういう関係であってほしい。これが俺たちのレガシーを定義するんだ」

 

還元することを第一に考え、その理由を語ったバードマン。彼のような考え方が、地域の活性化や成長に繋がることを祈りたい。

 

Shares

RELATED POSTS