NEWS

ケンドリックやJay-Z & Beyonceなどのヒップホップ・アーティストが全米黒人地位向上協会のイメージ・アワードにて賞を受賞

 

 

2月10日に開催された第61回グラミー賞の授賞式が話題となっていたが、今回は13日に開催されたNAACP(全米黒人地位向上協会)のイメージ・アワードの受賞アーティストを紹介したい。

 

今回ノミネートされたのは、ケンドリック・ラマーや、Jay-Z & Beyonceなどのアーティスト。

 

Jay-ZとBeyonceはThe Carters名義でのアルバム「Everything is love」で3つの賞を取っている。またBeyonceはエンターテイナー・オブ・ザ・イヤーも受賞しており、合計で4つの部門の賞を獲得した。

 

ケンドリック・ラマーは自身が指揮を務めた「Black Panther: The Album」が同じく3つの賞を受賞しており、彼は俳優としても賞を取っている。50 Centが製作&総指揮を務める人気ドラマ「Power」にて俳優デビューを果たしており、こちらの演技が評価されたようだ。

 

他にはチャイルディッシュ・ガンビーノも、自身が出演しているドラマ「アトランタ」での演技を評価され、受賞している。

 

関連記事:ドレイク/ケンドリック/チャイルディッシュ・ガンビーノが【第61回グラミー賞】でのパフォーマンスを辞退していたことが明らかに

 

Shares

RELATED POSTS