NEWS

バッド・ベイビー、DMXが殺人ピエロを演じるホラー映画風MVを公開

 

 

米ラッパーBhad Bhabie(バッド・ベイビー)が、新曲「Bestie feat. Kodak Black」のミュージック・ビデオを2019年2月25日に公開した。

 

15歳のバッド・ベイビーことダニエル・ブレゴリ(Danielle Bregoli)のMVは毎回予測不能だが、“親友”という意味の「Bestie」のヴィジュアルは何故か覆面殺人鬼をフィーチャーしたホラー映画テイスト全開の内容となっている。

 

実はDMXが演じている殺人ピエロが、バッド・ベイビーとともに冒頭で男性を一人殴り殺すと、二人は一軒家に乗り込み、次々と若者たちを手にかける。マイケル・ガルシア監督によるグロ描写は全体を通してかなり本格的で、二人がダンスやラップをしながらノリノリで快楽殺人にふける描写は、あまりにも平然としているため逆に恐ろしさが際立つ。

 

だが、テーブルに置かれた冒頭の男性の“生首”がラップしたり、ストーリーの途中で「おい、プロダクト・プレイスメントを忘れんなよ」と声をかけられたベイビーが「えー、タルいし」といじっていたスマホを投げ出し、突然ユーチューバー風のコスメとファッション・ブランド紹介映像が挿入されるなど、ユーモラスな演出も随所にみられる。

 

最後に家から出てきた時点でようやくピエロがDMXだったと判明するが、「このビッチとはもうどこにもいけねーよ、やつはファッキン・クレイジーだ」とカメラ目線で嘆く姿も笑いを誘う。

 

フィーチャー・アーティストのコダック・ブラックが何故かMVには出演していないが、TMZによると理由はスケジュールが合わなかったからだけのようだ。ベイビーはこの役に「DMXは完璧」だと思ったそうで、「最も好きなラッパーの一人」とコメントしている。

 

◎「Bestie」MV

 

Photo by Getty Images Entertainment

(提供元:Billboard JAPAN )

Shares

RELATED POSTS