NEWS

マイケル・ジャクソンを弁護するためのドキュメンタリーを彼の甥が制作すると発表。「みんなに真実を知ってほしい」

 

 

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)の性的虐待疑惑を告発したドキュメンタリー「Leaving Neverland」がHBOから公開されたが、逆に今回は彼の甥であるTaj Jacksonが弁護のためのドキュメンタリーを制作する予定であると発表している。TajがBillboardのインタビューにて答えた内容を紹介したい。

 

関連記事: マイケル・ジャクソンの親友として知られていた猿のバブルスくんが画家になる。

 

「叔父のために闘わなければならないとは思っていたんだ。Leaving Neverlandと闘おうとは考えていないけど、叔父とメディアの関係や、彼らが嘘を事実のように報道していたことに関するドキュメンタリーを制作したいんだ。1993年の疑惑まで遡るだけでなく、加えて2005年の疑惑についても明らかにするつもりだ。」

 

Tajは、1993年と2005年に問題となっていたマイケルの性的虐待に関する2つの疑惑についてもドキュメンタリーにて取り上げる予定であると説明した。彼は「みんなに真実を知ってほしい」とも話しており、他には以下のように語っている。

 

「ナイーヴになっている訳じゃなくて、ただ彼がどんな人間が知っているだけなんだ。俺の叔父は、飢えで苦しんでいる子供のニュースを見て匿名で寄付をするような人間だった。」

 

彼はクラウドファンディング・サービスのGofundmeにて無題のドキュメンタリーの制作資金を募集しており、目標金額777,000ドルのうち約111,000ドルが現在集まっている。

 

Shares

RELATED POSTS