NEWS

故ニプシー・ハッスルの追悼式にて、バラク・オバマやスティービー・ワンダーがメッセージを捧げる。

 

 

3月31日に自身の店の前で銃撃され亡くなった故Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)の追悼式が、ロサンゼルスのステイプルズ・センターにて行われた。こちらの追悼式に訪れた著名人がニプシーに捧げたコメントを紹介したい。

 

関連記事: Nipsey Hussleの死を受け、南LAにある交差点がErmias ”Nipsey Hussle” Asghedomスクエアと改名される。

 

追悼式にて「Rocket Love」や「Tears in Heaven」などの楽曲を披露したStevie Wonder(スティービー・ワンダー)は、以下のように語っている。

 

「家族の一人をまた失って、心が苦しいよ。このような死は不必要だ。我々が文明化された国であるために、我々はいまだにエゴ、怒り、嫉妬が人生をコントロールする時代を生きている。聞いてくれ、我々にはより厳しい銃器所持取締法が必要だ。」

 

他にも追悼式にはSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が訪れており、彼がニプシーやその家族に送ったメッセージも紹介したい。

 

「ニプシーとは特別な何かで繋がってたんだよ。初めて会ったとき、俺たちはマグネットのように引き寄せあった。」

 

スヌープは、ニプシーの母にもメッセージを送った。

 

「あなたは、我々に必要なものを与えてくれた。すべて大丈夫なんだって知るために、感覚や目的を与えてくれた。お母さん、我々を強くしてくれて、力を与えてくれてありがとう。」

 

また追悼式ではアメリカ合衆国の前大統領バラク・オバマ氏による手紙が読まれた。その全文が公開されている。

 

「ニプシーとは会ったことがないが、娘を通して彼の音楽は聴いていた。そして彼が亡くなってから、彼がコミュニティのためにやってきたことを知った。Crenshawでギャングや弾丸を見て育っていく人が多い中、彼はその土地に未来へのポテンシャルを見出していた」

Shares

RELATED POSTS

PLAY LIST

NEWS RANKING