NEWS

ジェイ・ZのRoc Nationが執行部を大勢解雇しトラブルが噂される。

 

 

Roc Nationが重要人物を数人解雇したとBillboardが報道した。

 

関連記事: 21 Savageが「Jay-Z以上に偉大な人物はいない」と語る。

 

今回Roc Nationから解雇されたのは、シニア・VP・プロモーションのAzim Rashid、シニア・VP・A&RのOrlando McGhee、マーケティング・エグゼクティブのGita Williams、シニア・宣伝・ディレクターのFairley McCask。

 

何が原因となって彼らが解雇されたのかは明らかになっていないが、今回の解雇は、Roc Nationの前社長であるBenny Poughが去ってからすぐの出来事だったようだ。

 

また最近、元Roc Nation所属のボクサーDaniel FrancoがRoc Nationを訴えるという出来事があった。Daniel Franco側は「80日間の内、身体への影響に対する注意を払われることもなく、3回にも渡って試合を行わされていた」と主張している。その結果、Daniel Francoは重度の神経障害を負い、一時昏睡状態に陥っていたとTMZが報道している。彼は現在、脳を保護するためのヘルメットを日常的に装着する必要がある状態になってしまったようだ。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE