NEWS

タイラー・ザ・クリエイターの新アルバム「IGOR」が、DJキャレドを抑え、Billboard 200にて1位にランクイン。タイラー自身も感涙する

 

 

同じ日に新アルバムをリリースしたDJ Khaled(DJキャレド)とTyler the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)。どちらも今年の目玉作品であったのもあり、ヒップホップ業界全体が両者のセールス枚数に注目していた。

 

Billboard 200によると、タイラーの新作「IGOR」が165,000枚相当の売上を記録し1位を獲得した。DJキャレドの「Father of Asahd」は136,000枚相当の売上を記録し、2位にランクインした。

 

関連記事:Tyler, the Creatorが新アルバム「IGOR」の制作秘話を語る。「EARFQUAKEはジャスティン・ビーバーとリアーナに拒否された」

 

DJキャレドもタイラーも、新アルバムの宣伝として関連グッズを販売している。タイラーはIGORのシャツ、ステッカー、更には「IGORに一票を」と書かれた立て看板も販売した。一方キャレドはエナジーサプリや、エナジードリンクを販売。ニューヨーク・タイムズ紙によると、タイラーのグッズの品揃えが彼のアルバムセールスに影響した可能性も示している。

 

DJキャレドがチャートでNo.1を獲得することは度々あったものの、タイラーは初めてとなる。前作「Flower Boy」は、ラナ・デル・レイのアルバムに僅差で及ばず2位となっており、2015年にリリースした「Cherry Bomb」は4位であった。自らプロデュース/アレンジを一人で行ったアルバムが1位を獲得したのは、ソロで活動しているラッパーとしてはタイラーが初めてである。

 

想像以上の反応に驚いたタイラー。ツイッターでは涙を流していた。

 

今週のBillboardでは、3位にBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)の「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」、4位にKhalid(キャリド)の「Free Spirit」がランクインしている。

Shares

RELATED POSTS