NEWS

コモンがドレイクとのビーフをどのようにして終わらせたかを語る。

 

 

この時代で最も人気であるラッパーと言っても過言ではないDrake(ドレイク)。彼は2018年にPusha-Tとビーフをしていたことが記憶に新しいが、以前はシカゴのベテラン・ラッパーであるCommon(コモン)とビーフをしていた。

 

【関連記事】Pusha Tがドレイクとのビーフを「ヒップホップ界にとって良いビーフだった」と語る。

 

コモンと言えば90年代に起こったIce Cubeとのビーフでも強烈なディストラックを公開していたが、ドレイクとのビーフも激しいものとなっていた。元々はコモンが「歌っているラッパー」について楽曲内で物を申したことがきっかけであったが、後にセリーナ・ウィリアムズを巡ってビーフへと発展したと明かしている。

 

そんな彼らが、いかにビーフを解消したかをコモンが語っている。

 

 

あのビーフはお互いにとってリアルなものだった。俺らはグラミーで対面したときも、場が緊迫をしていた。でもそこでお互い凄く素直な会話をすることになったんだ。彼は俺のことをリスペクトしていると言ってくれて、俺も彼が才能に溢れていることを伝えた。

 

その時点で、「俺らはなんのためにビーフをしているんだ?」と思ったんだ。そのような人生を歩みたいわけではない。お互いが大人の漢として、ビーフを解消できた。そういう意味でも、ポジティブな対応を取ってくれたドレイクをリスペクトする。彼は俺の目を見て、「俺はあなたの音楽をリスペクトしている」と言ってくれたんだ。

 

このように、緊迫した状況ながらもお互いが大人の対応を取ったことによりビーフを解消することができたと語った。

Shares

RELATED POSTS

PLAY LIST

NEWS RANKING