NEWS

Drake(ドレイク)やTravis Scott(トラヴィス・スコット)の楽曲を手がけたMurda Beatzが若手アーティストにアドバイスを送る。「契約には気をつけろ」

 

 

Drake(ドレイク)の「Nice for What」や、Travis Scott(トラヴィス・スコット)の「Butterfly Effect」などを手がけた若手プロデューサーのMurda Beatzが、MONTREALITYに出演し、インタビューに答えた。

 

関連記事: ドレイクやMigosの楽曲をプロデュースするMurda Beatzがどのように自分のビートを広めたかを語る

 

「何の契約書にサインをするのか、よく目を通すんだ。弁護士抜きでは、何にもサインするな。どんな契約書にサインしているのかを把握していないせいで、キャリアや人生を台無しにする可能性がある。」

 

アップカミングなプロデューサーに向けて、アドバイスを語ったMurda Beatz。日本ではアーティストが弁護士を雇う例は少なく、契約金も米国ほど巨額にならない場合が多いため、もちろん米国との温度感は違う。しかし契約というものの重さを知っている人であれば、彼の言っていることが正しいとわかるだろう。自分が何とどんな契約をしているのかによって、キャリアや人生が左右される可能性があるのだ。彼は続けて、以下のように語っている。

 

「目の前にチラつかされた金にハングリーになりすぎたらダメだ。たまには、待つことも大切だ。次の週にはヒットしてるかもしれないだろ。」

 

他にもインタビューの中でMurda Beatzは「自分の価値を知るんだ」とも語っており、自分を信じることの重要性を説明している。

 

Shares

RELATED POSTS