NEWS

ウィル・スミス主演の「ベルエアのフレッシュ・プリンス」が29周年。DJ Jazzy Jeffが一度は出演を拒否したと語る。彼が学んだこととは?

 

 

ウィル・スミスのブレイクのきっかけとなったシットコム「ベルエアのフレッシュ・プリンス」が放送されてから、今年で29年目が経った。そんな中、同番組にてJazzを演じていたDJ Jazzy Jeffが、元々は番組に出演するつもりはなかったと語った。ツイッターにて自身が役を演じることにしたのは、ウィル・スミスの後押しがあったからであると明かした。

 

 

「29年前、ベルエアのフレッシュ・プリンスが初めて公開された。おかしなことに、最初俺はやりたくなかったんだが、ウィルが俺を説得したんだ…常に新しいことにオープンであるべきだって学んだね…歴史を作ることになるかもしれないからね。@willsmith いつも後押ししてくれてありがとう」と書き、自身のツイッターに投稿したジャズ。

 

 

「ベルエアのフレッシュ・プリンス」は1990年9月10日から1996年5月20日まで放送された。同番組ではウィル・スミスが主人公として自分自身を演じており、叔母、叔父、いとこと住むためにフィラデルフィアの裕福な住宅街へと引っ越すところから物語は始まる。フィラデルフィアで、ウィルはジャズと一緒に様々な経験をするのである。

 

 

二人は「DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince」として、番組のテーマソングも手掛けた。

 

 

6年弱で、6シーズン、148エピソードにも及んだ同番組は、初めて放送されてから30年以上経った今も、変わらず愛され続けている。

 

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING