NEWS

Futureが自身の音楽がヒットする理由を語る

 

 

Futureが、2014年にTim Westwoodの番組に出演したときに語った内容の一部を紹介したい。

 

関連記事: FutureがDrakeとの新曲「Life Is Good」のMVを公開。ファストフードの店員として働く2人をチェック

 

「Rico Wadeからプロダクション、メロディー、音楽を作る方法、曲の構成、そしてレコードや音楽を深くディグるについて学ぶところから俺のキャリアは始まった。」

 

アトランタのレジェンド、OutKastのデビューと成功に大きく貢献し、OutKastのヒット曲を数々とプロデュースしてきたDungeon FamilyのRico Wadeの従兄弟であるFutureは、彼から学んだことについてを語った。

 

Futureは続けて、以下のように話している。

 

「アーティストは、もうレコードをディグらなくなった。何故なら、全部パソコンで出来るからな。でもRicoと俺の場合は、ニューヨークのレコード・ショップまで行って、求めているスネアや808の音、様々なキックの音色、メロディー、ループを探す。最近のプロデューサーは音楽でループを使わない。みんな理解してないが、音楽の根本的なところを研究し、根となるところから曲を作る方法を知っているからヒットに結びつくんだ。」

 

音楽を根本から研究することが、ヒットを生むことに繋がると語ったFuture。Tim Westwoodが「それはオールドスクールなNYの作り方っぽいね。アトランタのアーティストはサンプリングをしなくなったと思う。」とコメントすると、Futureはこのように語っている。

 

「それがRico Wadeのやり方だったし、そうやって彼はOutKastを世に出した。音楽を聞き、それを批評する。Fugees、A Tribe Called Quest、The Rootsのように音楽を作っていく。アトランタは生の楽器をサンプリングすることをしなくなったんだ。でも俺は正しいスネアの音色を探すためにディグるし、ギターのフレーズを使いたかったらギタリストを探す。聞いている人は気が付かないけど、その生楽器の演奏という要素が重要なんだ。」

 

実際に音楽をディグり、研究する。さらにコンピューターやmidiで作成されたビートだけではなく、生で演奏されたレコードをサンプリングしたり、実際に生楽器を取り入れたりすることでヒット楽曲を作ると明かした。Dr. Dreの「The Chronic」や「2001」を彷彿とさせる制作プロセスを踏むことにより、人が迫力とグルーヴを感じるビートを作ることができているのだろう。インタビューのフル動画は、以下のリンクからチェックすることが出来る。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING