NEWS

The Gameがデビュー・アルバム「The Documentary」の15周年を祝う。「10年前に死ぬべきだったのかもしれない」

 

 

2000年代の西海岸クラシックと言ったら、The Game(ザ・ゲーム)のデビュー・アルバム「The Documentary」を思い浮かべる人が多いだろう。このアルバムはプロダクションもThe Gameのリリシズムも高く評価されており、そんなアルバムの15周年をThe Gameが祝った。

 

関連記事: The Gameのデビュー作にDr. Dreが参加したきっかけとは?「Jay-Zが俺の曲を推した」

 

彼は、インスタグラムにて「このアルバムが俺の人生を変えた」とした上で、以下のように語っている。

 

「何よりも、神が、Dr. Dreが、ファンや俺の子供、家族が、俺をここにいさせてくれていることに感謝だ。本当なら10年前に死ぬべきだった。でも、俺は理由があって生かされているんだと思う。」

 

彼は10年前に亡くなっていれば、今まで以上のレジェンド・ステータスになれたかもしれないという含みがある発言をし、多くの人に感謝した。またThe Gameは、Cookies N’ Kicksにて「The Documentary」のポップアップが始まったとも告知している。ポップアップでは、15周年記念グッズや、自分だけのアルバムカバーを撮影することが出来るようだ。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING