NEWS

テカシ・シックスナインが残りの刑期を自宅で過ごすことを却下される

 

 

自宅か矯正施設などで残りの刑期を過ごすことを希望していたTekashi 6ix9ine(テカシ・シックスナイン)だが、その要望が却下された。

 

関連記事: テカシ・シックスナインが報復を恐れ、残りの刑期を家で過ごすことを望む

 

Complexの報道によると、裁判官のPaul Engelmayerはテカシの要望を却下し、引き続き刑務所で刑期を過ごすことを命じたようだ。

 

Paul Engelmayerは「この件については、24ヶ月の刑期をすべて刑務所で過ごすことが必要であると裁判所は決定した。」と伝えている。

 

2018年末から複数の罪で刑務所に入っているテカシであるが、彼は同じ刑務所内に大勢いる「Nine Trey Gangster Bloods」のメンバーについての情報を政府に提供し、減刑を求めた。その報復を恐れたテカシは、残りの刑期を家で過ごすための要望書を、弁護士を通して裁判官に提出していた。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING