NEWS

マック・ミラーがいかに映画「Scary Movie 5」を救ったかについてスヌープ・ドッグが語る。

 

 

Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)が毎回ゲストを呼び、煙を燻らせながら様々なことを語るネットシリーズ「GGN: Snoop Dogg’s Double G News Network」。Schoolboy Q(スクールボーイ・Q)が登場した最新のエピソードにて、スクールボーイQの親友でもあったMac Miller(マック・ミラー)について語られる場面があった。

 

 

 

 

どうやらスヌープは過去に撮影したものを今アップロードしているようで、今回のインタビューはスクールボーイ・Qが昨年、アルバム「CrasH Talk」をリリースした直後であると思われる。このため、マックの死からもあまり日数が経っていなかったようだ。

 

 

友人についての話題を振られ、「あまり話したくないな。きつい」と語ったスクールボーイ・Q。スヌープもマック・ミラーについて「あいつのことは好きだった」と語り、「Scary Movie 5」にて共演したときのことを語った。

 

「元々出演予定だったMike Eppsがエグゼキュティブ・プロデューサーのHarvey Weinsteinに暴言を吐いて出て行ったんだ…どうして代わりが必要だったから、色んなやつに電話したんだ。その中でもマックが電話に出てくれた。あいつは現れて、一緒にスモークして、しっかりセリフを覚えてクラシックとなるシーンを撮ってくれたよ。最初は本当に誰も電話に出てくれなかったから困ったよ。でもマックはいい味出してくれた。あいつのことは好きだったよ、俺のことを助けてくれたしな。助け合いこそがヒップホップだろ?助け合いに肌の色なんて関係ないんだ。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE