NEWS

Mac Miller(マック・ミラー)の「Circles」デラックス版がリリースされる。2曲の新曲と、歌詞に込められた意味をこちらからチェック!

 

 

Mac Miller(マック・ミラー)の家族が、彼の死後にリリースされたアルバム「Circles」のデラックス版をリリースした。こちらのバージョンには「Right」と「Floating」の2曲が新しく追加されている。

 

 

プロデューサーのJon Brionと共に「Swimming 」と「Circles」という2枚のアルバムに取り組んでいたマック・ミラー。「Right」では、マックは距離が出来てしまった恋人との復縁を求めている。「And no, it hasn’t been easy lately/But you don’t want to leave me, baby(確かに、最近はとても大変だった/でも俺と別れない方がいい)」「Three years ago I was so dumb/Clueless, young and stupid, but look at who I have become(3年前、俺はバカだった/馬鹿で未熟で何もわかってなかった、けど今の俺を見てくれ)」といった歌詞が書かれている。

 

 

 

 

「Floating」では「Room somewhere up above the trees(木々の上の部屋)」へ「When I can finally get away(俺がやっと抜け出せるとき)」について歌われている。どちらの楽曲も、彼の親友であったThundercatがベースを担当している。

 

 

 

 

 

 

「Circles」のデラックスバージョンは、以下からストリーミングできる。なお、デラックス版は、4月17日にレコード盤がリリースされる予定である。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING