NEWS

ヒップホップで一番熱い地域は?「アトランタが一番長く覇権を握っている」というWaka Flocka Flameの発言でディベートが起こる

 

 

東海岸NYで生まれたヒップホップ。ヒップホップが熱い地域と言えば、皆さんはどこを想像するだろうか?80年代後半にはカリフォルニア州クレンショーからIce-T、その後はN.W.Aなどが現れ、90年代前半はDr. Dreを筆頭に、西海岸がヒップホップを掌握していたと言っても過言ではない。その後Wu-Tang Clan、The Notorious B.I.G.、Nas、Jay-Zなどによって東海岸が再び盛り上がり、西と東以外にも、OutKastなどのサウスのアーティストも台頭してきた。

 

時代によって、さまざまな地域でヒップホップが盛り上がってきたが、実際に一番長く「熱さ」を保ってきた町はどこなのだろうか?このような疑問について、NY生まれアトランタ育ちのWaka Flocka Flameが、「アトランタが一番長く覇権を握っている」 と発言し、米ヒップホップファンをディベートに巻き込んだ。

 

関連記事: T.I.がトラップ・ミュージックの歴史を巡るドキュメンタリーに出演し、トラップについて語る。

 

View this post on Instagram

Let’s debate about this! 👇🏾👇🏾👇🏾

A post shared by WAKA FLOCKA (@wakaflocka) on

Waka Flocka Flameは、インスタグラムにて以下のように語っている。

 

「アトランタは、どの町よりも長くラップの覇権を握っている。どう思う?」

 

最も長い間、業界の覇権を握ってきた地域はアトランタであると語るWaka Flocka Flame。メンフィスから出てきた「クランク・ミュージック」を、2000年代前半に一般的に流行らせたのも、アトランタのLil Jonであったと言っても過言ではない。また、アトランタといえば、トラップ・ミュージックであろう。2000年代に、T.I.やJeezyのようなアトランタ出身のアーティストがトラップのムーブメントを広めて以来、現在でもMigos、Young Thug、Futureなどのアトランタのアーティストがメインストリームで活躍している。

 

このように考えると、実際にアトランタ出身のアーティストは、長い間「メインストリームの音楽」として、大ヒットを飛ばしている。皆さんはどの地域のヒップホップが一番熱いと思いますか?

 



Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST