NEWS

Lloyd Bankはリリカルではないと批判したDMXが謝罪。「ごめんTony Yayoと間違えた」

 

 

G-Unitのメンバーとして活躍し、リリシストとしても高く評価されているLloyd Banks(ロイド・バンクス)。そんな彼についてDMXが「Lloyd Banksはリリカルではない」という旨の発言をし、話題になっていた。しかしこの度、DMXがその発言を改めた。

 

関連記事: 50 CentがG-Unitについての後悔を語る。「彼らのポテンシャルを発揮しきれなかった」

 

DMXはFatman Scoopとライブ配信をしており、Fatman Scoopは自分がグレイテストだと思うラッパーの名前を挙げていた。その中にG-UnitのリリシストであるLloyd Banksが含まれていたのだが、それについてDMXは納得できない様子だった。

 

そんなDMXの発言を知ったLloyd Banksはツイッターにて「なんかよくわからないが…。彼に神の恵みがあるように」とコメントしていた。ところがDMXはどうやらFatman ScoopがLloyd Banksの名前が挙げたときに、Tony Yayoのことを想像していたようで、彼はG-Unitのメンバーである2人を混同していたのだ。

 

間接的にとばっちりを受けたTony Yayoであるが、DMXは以下のようにLloyd Banksに謝罪している。

 

「Lloyd Banksに謝罪したい。君について話しているとき、Tony Yayoのことを想像していた。Lloyd Banksは最高だよ!」

 

この発言を受けたTony Yayoはどのような反応をするのだろうか?注目が集まる。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST