NEWS

J. Coleが語る、様々なことに「目的」を見出す人生観。

 

 

先月の23日に新曲「The Climb Back」と「Lion King On Ice」をリリースしたばかりのJ. Cole。彼はその前日に「The Audacity」という自身のキャリアなどについての記事をThe Player’s Tribuneにて公開していたが、今回はJ. Coleが2018年のインタビューで語った内容を紹介したい。

 

関連記事: J. Coleから学ぶ長続きするキャリア。20年後もホットであり続けるメンタリティ

 

J. ColeはAngie Martinezとのインタビューにて、The Audacityと似たようなテーマで人生観を語っていた。「あなたは今幸せ?」と聞かれたJ. Coleは「Yes」と答えたが、Angie Martinezが「すべてにおいて幸せ?人生、音楽とか、アルバムはどのように世の中に届いたのかとか。」と付け加えると、彼は以下のように答えた。J. Coleは父親になったことについてを話している。

 

面白いのが、俺の人生は非常に恵まれている。その中で俺が唯一感じているストレスを明かすと、それは「目的」というもっと深い話になる。もちろん俺は父親であり、良き夫であることが人生の明確な目標/目的である。しかし、もっと利己的なレベルの目標の話をすると、アルバムを完成させたばかりだから、作っている間は明確な目標があった。だけど俺は、音楽に対する目標が人生の多くの占めてしまっていて、他のことに目的を見出してこなかった。家に帰ってきて、子供と遊んでいても、楽曲制作やビート制作をやらない日が三日も続くと、自分が惨めに感じてしまうんだ。それは、他のことに目標や目的を見出すことが出来ていないからだと思う。それがたとえばゴミ出しとかでも、なんだっていいんだ。何か1つのことを目指していたり、こういうキャリアを生きていると、「それ以外のことはやらなくてもいい」と思ってしまうんだけど、1から色んなことに目的を見いだせるようにスタートする必要がある。音楽の目的がなくなったとしても満足できるようにするのは重要だと感じた。

 

J. Coleはこのような目標について、楽曲「Kevin’s Heart」のMVで共演したKevin Hartを良い例として挙げている。J. Coleは、Kevin Hartがたくさんの請求書を承認していくところを見かけて感動したようで、「彼は自身の家族を養うための売上や、請求書を一つ一つ自分で確認している。その一つの行動だけでも、たくさんの目的や目標があった」と話している。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING