NEWS

SZAが新作がリリースされない理由を明かす。

 

 

2017年のデビューアルバム「Ctrl」からアルバムをリリースしていないSZA(シザ)。家族や友人の死が重なり、一時期音楽制作から距離をおいていたと以前語っていたが、最近はスタジオにも入っていると彼女は明かしていた。しかしその後もソロの楽曲リリースはなく、彼女の新曲やプロジェクトを待ちわびているファンは多い。そんななか、SZAがツイッターにてレーベルとの関係について語った。

 

関連記事: SZAが音楽活動を休止していた理由を明かす。「人生で最も長い5ヶ月間だった」

 

SZAは新曲のリリースを待ちわびるファンに向けて、ツイッターにて「もうここまできたらPunch(レーベルの代表のうちの1人)に聞いて。力は尽くした。」と語っており、こちらのツイートに対しあるファンは「もしかしてレーベルと敵対関係になったってこと?」という旨の質問をした。

 

そんなファンのツイートにSZAは「敵対してるような感じ。」と答えているため、レーベルとの関係が上手くいっていないようだ。

 

SZAが所属するレーベル「TDE」のプレジデントであるPunchもツイッターでの状況を把握したのか、その後「みんなどうした?」とツイートしている。

 

SZAは今まで何度もリリースのスケジュールにおいてレーベルに不満を語っているため、今回も本当に敵対関係になってしまったのかは不明であるが、TDEとしても戦略があるのだろう。彼女が最後にリリースしたJustin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)とのコラボ曲「The Other Side」は要チェックである。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST