NEWS

マイケル・ジャクソンの「They Don’t Care About Us」の2020年版が公開される。Black Lives Matterプロテストなどの映像が追加。

 

 

Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)が人種差別的なシステムや、警官による暴力行為などについて歌った1996年の楽曲「They Don’t Care About Us」。同作品の現代版MVを、監督のSpike Lee(スパイク・リー)が新たに公開した。

 

関連記事: 「ボヘミアン・ラプソディ」の監督がマイケル・ジャクソンの伝記映画を制作する予定であると報道される。楽曲の使用許可などを獲得

 

「They Don’t Care About Us (2020)」と題された新MVは、オリジナルの「ブラジル版」と「刑務所版」のシーンの他、世界中で行われている「Black Lives Matter」のプロテストの映像などが追加されている。ミュージック・ビデオを新たに公開した理由について、スパイク・リーは以下のように語っている。

 

偉大なプロテストソングが古くなったり、時代錯誤な内容になったりすることはない。なぜなら、闘争は現代も続いているからだ。だから「They Don’t Care About Us」は、この混沌とした、パンデミックの世界におけるアンセムなんだ。

 

またMVの冒頭にはマイケル・ジャクソンの発言が引用されており、彼は同作品の映像について以下のように語っていた。

 

「この映像は、あらゆる人種のうちの一つを傷つけたり、侮辱したりするために制作されたものではない。全人類に対する不当な行いを映像化するために制作した。
神が世界中に平和を与えてくれますように。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST