NEWS

カニエ・ウェストがJ. Coleとドレイクに謝罪を求める。「音楽業界は現代の奴隷船」とも語る。

 

 

Thumbnail: By David Shankbone – Own work, CC BY 3.0

 

大統領選に出馬したり、アルバムがリリースされなかったり、常に話題になっているKanye West(カニエ・ウェスト)。新アルバムのリリースが期待されているそんな彼が、ツイッターにてJ. Coleやドレイクへのメッセージを公開した。

 

関連記事: カニエ・ウェストが「Jay-Zに会いたい」とツイート。ファンからは「Watch The Throne」の続編を求める声も

 

カニエはツイッターにて以下のように話している。

 

「J. Coleとドレイクから、いますぐに公の場で謝罪を得たい。」

 

二人からの謝罪を求めたカニエ。J. Coleは以前、楽曲「False Prophets」と「Middle Child」にて、カニエに対する内容と思われるラップをしていた。J. Coleは「Middle Child」にて「どうでもいいことのためにビーフはしない。もしラッパーをヤラないといけないなら、まじでやる。話題作りや、自分のスニーカーを売るためにビーフはしない」とラップしていた。

 

また、ドレイクはPusha Tとビーフしていたとき、レーベルメイトであるカニエとも仲違いしていた。ドレイクは、カニエが彼の隠し子の存在などの機密情報をPusha Tに流したと信じており、「Life Is Good」にて「あいつは、俺のリリースの邪魔をやめないといけない」という旨を語っていた。Drakeは以前、カニエが理由で「Scorpion」のリリースが遅れたとも語っていた。

 

また、彼はレコード会社との契約が切れるまで新曲をリリースしないと明かしている。

 

「ソニーとユニバーサルとの契約が切れるまで、新曲はリリースしない。
ユニバーサルとソニーと契約してる全員がどのような契約をしてるのかを見たい。みんなが奴隷にされている姿を見過ごすわけにはいかない。俺はみんなのために命をかける。音楽業界とNBAは現代の奴隷船だよ。俺は現代のモーセだ。」

 

さらに彼はJay-Zと再び会うことを望んでいるようだ。

 

「あと、Sean Carterと会うために待ってる。」

 

「すまないShawnだった…。俺の兄貴に失礼なことを言う意図はなかった。」

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE