NEWS

2021年にアルバムをリリースすると言われている大物ラッパーたち

 

 

2020年はパンデミックにより、多くのイベントやリリースが延期となった。本来であれば2020年にアルバムをリリースすると告知していたが、2021年に延期になった作品も多く、2021年には多くの大物アーティストがアルバムをリリースすると予想ができる。こちらの記事では、今まで公開されている噂などの情報をもとに、2021年にリリースをするであろうアーティストたちを紹介していきたい。

 

【関連記事】ケンドリック・ラマーのアルバムリリースが近いとアブ・ソウルが明かす

 

 

ケンドリック・ラマー

 

まず、多くのファンがリリースを心待ちにしているアーティストと言えばKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)であろう。彼のレーベルメイトであるアブ・ソウルも、「ケンドリック・ラマーのリリースが近い」と明かしており、ケンドリック・ラマーの従兄弟であるBaby Keemも「本来であれば、ケンドリックも2020年にリリースしているはずだった」と明かしている。また、彼がミュージック・ビデオを撮影している姿が度々確認されているため、何かしらのリリースが間近であることは間違いなさそうだ。

 

【関連記事】ケンドリック・ラマーのアルバムは既にリリースされているはずったとBaby Keemが明かす。

 

 

ドレイク

 

2020年に最も再生されたアーティストになったと発表されたドレイク。そんな彼は新アルバム「Certified Lover Boy」というアルバムを今年リリースすることを自ら発表している。そちらのアルバムからのシングル「Laugh Now, Cry Later」は既にリリースされており、ナイキ本社で撮影されたミュージック・ビデオも話題になっていた。

 

 

 

【関連記事】2020年に最もストリーミング再生されたアーティストランキングが発表される。ドレイクやジュース・ワールドなど

 

 

J. コール

 

前作「KOD」の最後のトラックにて、「The Fall Off」というアルバムの存在を明かしたJ. Cole。実際にそちらのアルバムはまだリリースされていないが、彼は先日インスタグラムにて新アルバムをリリースするまでのタイムラインを公開していた。また、引退の可能性も示唆している投稿であったため、ファンは彼の動向から目が離せないであろう。

 

【関連記事】J. Coleが新アルバムをリリースするまでのタイムラインを公開し話題に。引退の可能性も示唆。

 

 

トラヴィス・スコット

 

映画「TENET」のサウンドトラックに収録された楽曲「The Plan」をリリースしたり、マクドナルドやプレイステーションとのコラボで大きな話題を呼び、2020年を掌握したトラヴィス・スコット。彼も自身のインスタグラムにて、新アルバムの存在について明かしており、タイトルも「Utopia」であると明かされている。

 

 

【関連記事】トラヴィス・スコットがPlayStationやマクドナルドとのコラボで稼いだ推定金額をForbesが発表

 

 

2021年はこのまま予定どおりにリリースが進めば、上記のアーティスト以外にもジュース・ワールドの死後2ndアルバム、カーディ・Bの2ndアルバム、コーデー、チャイルディッシュ・ガンビーノ、Migosの「Culture 3」など、多くの人気アーティストがアルバムをリリースすると言われている年でもある。もしこれらの全てが現実となったら、2021年はヒップホップ業界として非常に盛り上がる一年になるだろう。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

PLAY LIST