NEWS

Nas(ナズ)がJay-Zとのビーフを振り返る。「あのビーフを誇りに思う」

 

 

「Takeover」や「Ether」などの楽曲を通して、Nas(ナズ)とJay-Zはヒップホップ史上最も過激なビーフをしたと言っても過言ではない。今では二人でライブを行うこともあり、2020年には、未リリースの二人のコラボ曲がインターネットに流出するということもあった。そんな二人であるが、この度、NasがJay-Zとのビーフについてコメントをした。

 

関連記事: Jay-ZがNYのウェブスターホールで行ったライブにてNasとCam’ronがゲストで登場。映像をチェック。

 

「Broken Record Podcast」に出演したNasは、Rick Rubin(リック・ルービン)のインタビューに以下のように答えている。

 

「俺の人生の中で考えると、あのビーフが起きたことを誇りに思うよ。俺はレジェンドたちが同じことをして上り詰めたのを見てきたから。」

 

尊敬するレジェンドたちと同じように、歴史に残るビーフを誇りに思うと語ったNas。彼はMCというアートについても語っており、以下のように続けている。

 

「それがMCというアートなんだ。自分ができる最大のものを作ろうと努力している中で、また別のMCとぶつかり合う。そして争ったり、色々あったりするんだ。はじめから、それがこの芸術の全てなんだ。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE