NEWS

スヌープ・ドッグがラップでギャング活動や死を美化するのをやめた理由を語る。

 

 

Eminem(エミネム)からのディスに「あんなクソソフトなディスにはアンサーしない」とコメントをし話題になっていたSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)。その後、彼はエミネムとの関係が良好であるとビーフの噂も否定していた。

 

今回は、そんなスヌープ・ドッグがFatman Scoopとのインタビューにて語った「死についてラップしなくなった理由」を紹介したい。

 

【関連記事】スヌープ・ドッグが「Fuck Death Row」というアルバムをリリースしなかった理由を語る。「Master Pが俺の命を救ってくれた」

 

スヌープ・ドッグは殺人罪についてラップした楽曲「Murder Was the Case」をリリースした1993年に、実際に第一級殺人の罪で起訴されている。彼は無罪判決を受けているが、一連の出来事についてFatman Scoopは「不気味だと思わない?」と質問をしている。この質問に対してスヌープは以下のように答えており、当時2Pacやビギー、Ice Cubeなどのラッパーたちがラップしていた内容について語った。

 

俺たちは、自分たちの人生をラップしていた。生についてラップしている奴もいれば、死についてラップしている奴もいた。だけどそれが俺たちの人生だったんだ。若いラッパーだった俺たちは、ラップしていた内容が現実になるなんて知らなかった。だから無罪判決を受けたあと、2ndアルバム「Tha Doggfather」では、自分が書くラップの方向性を変えた。「生」について書くことにしたんだ。俺はそれまで、死については書き尽くしていた。

 

Fatman Scoopはスヌープが語った内容に対し「その行動が引き寄せの法則的に自分を救ったと思う?」と質問をしており、スヌープは以下のように続けている。

 

俺はそれが事実だと信じてるよ。「Tha Doggfather」でリリックを書き始めてから、たくさんのファンやホーミーが去っていった。彼らは俺が無罪判決を受けた後も、俺がギャングスタであることを求めたからだ。起きた事件を俺に美化して欲しかったんだ。「あんなのクソだ!無罪判決を勝ち取ってきたぜ!調子どうよ!」みたいな。だけど人が亡くなってるんだ。俺の人生も変わった。俺はお前たちと違うことを感じていたし、事実を真剣に受け止めている。「Doggyland」という曲では、誰も死なないし、みんなが生きていて美しい曲だ。だけど愛されなかった。死の反対である生についてラップした曲だったからだ。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE