NEWS

Juicy Jがザナックスを非難。リリースされたばかりの新曲「Neighbor」に込められたメッセージとは?

 

 

先日、Travis Scott(トラヴィス・スコット)との新曲「Neighbor」をリリースしたばかりのJuicy J(ジューシー・J)。彼の新曲は一体どのようなメッセージを伝えようとしているのだろうか?

 

セカンド・ヴァースの「みんなが死に続けている。ザナックスなんてファックだ」というリリックをはじめとして、今回の新曲にはザナックス使用を反対するメッセージが込められている。

 

Juciy Jは過去にもRae Sremmurdとの楽曲「Powerglide」にて「安らかに眠れ、Lil Peep(リル・ピープ)。俺はザナックスの使用を避けてく必要がある」とラップしており、近年の彼がドラッグの使用をどのように捉えているのかがわかる。

 

昨年亡くなったLil Peepの死因に関して詳細な情報は発表されていないが、彼に限らずザナックスなどの精神安定剤を過剰に使用したことが死因となるケースは多い。このような問題は最近始まったことではないが、ドラッグをテーマにカジュアルなアプローチをしているような音楽も多い。その影響から、若者の間でオーバードーズがポピュラーになっているということも関係しているだろう。

 

逆に、Juicy Jの楽曲「Trap Jumpin’」にフィーチャーされているLil Pumpはザナックスユーザーとして有名であったが、「俺はもうザナックスはやらない」とコメントもしている。彼らに限らず、ドラッグを非難しているアーティストも多いため、このような言動が若者の環境にも影響を及ぼしていくことを祈りたい。

Shares

RELATED POSTS