NEWS

ギャングスタ・ラップのベテラン、Ice-Tが人生初のベーグル&コーヒーを口にした感想が話題を呼ぶ

 

 

ラッパー/俳優としての活動だけでなく、ヘヴィメタル・バンドBody Countのフロントマンとしても知られるIce-T(アイス-T)。

 

80年代からギャングスタ・ラップの重鎮的存在として知られてきた彼だが、なんと60年間一度もベーグルとコーヒーを口にしたことがないと発言したことが以前からインターネット上で話題になっていた。

 

そんな彼がついに、ベーグルとコーヒーを口にする動画が公開された。

 

「例の発言がきっかけとなり、Coffee Meets Bagelsというデート・アプリの会社からオファーが来たんだ。家までコーヒーとベーグルを届けてくれるってさ、なんて素敵なんだ。インターネットがこの機会を欲していた訳で、俺も楽しみだ」

 

デート・アプリによるオファーによって、人生初のベーグル&コーヒーを口にすることになったIce-T。始めにコーヒーからトライしてみた彼は、以下のように感想を語っている。

 

「うん、想像してたのとは違ったね。水のような味だけど、あとから別の味が入ってくる。これが俺の初めてだったが、今後ブラック・コーヒーを飲むことはないだろうな。なんでこんなものを飲むんだ?」

 

コーヒーはあまりお気に召さなかった様子のIce-Tだったが、ベーグルは気にいるのだろうか?「ベーグルって、甘くないドーナツにしか見えないんだよな」と話しながら、ベーグルを切り始めるIce-T。

 

「緊急で病院に行く人の理由として一番多いのが、ベーグルをナイフで切ろうとした際に手を切ってしまうことだって聞いたことがあるんだよな。さて、悪くはない。ドーナツとは違う感じだ。一口食べてみた感想としては、一口でパンを一塊食べたように感じる。みんなこれを丸ごと食うのか?」

 

ベーグルは非常に硬いと語り、全体的にあまり良い評価は得られなかったものの、2分間の動画内では終始楽しそうにベーグルとコーヒーを食すIce-Tを見ることが出来る。

Shares